ほんとのらいふ

おすすめの「本」や「本との生活」をご紹介しています。

仕事や人生で本当にやりたいことは何ですか?『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』

就職や転職活動、退職や子育てが落ち着いて自分のために使える時間が増えたときなど、自分のこれからの生き方について考える機会は数多くあります。そして、せっかく何かを始めるのであれば、「本当にやりたいこと」をしたいと考えるのが当然です。

 

しかし、ここで大きな問題があります。

 

それは、「本当にやりたいことは何か?」を本人が分かっていないことです。

 

そして、自分探しを延々と続ける人も少なくはありません。そこで今回は、「やりたいこと探しを終えて先に進みたい」という人におすすめの1冊をご紹介します。 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

私には幼稚園に通う子どもがいます。日中、家事などすることはありますが、それでも1~2時間は自由に過ごせます。そして、子どもが就寝してからの時間も自由です。すると、1日合計4~5時間ほどの時間を持てることになります。

 

私は、音楽・語学・料理・健康など様々なことに興味があり、この機会にとその世界にどっぷりと足を踏み入れてみたのですが、どれもモチベーションが続かずに途中でその世界と少し距離を置くようになってしまいました。

 

娘は来年から小学生。すると、"私の時間"はさらに増えます。1年後、私はどうやって日中を過ごせばいいんだろう。焦っていました。

 

私が「本当にやりたいこと」は何なんだろう。

そんなときに出会ったのがこの本です。

 

 

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

 

 

 

この本を読んで、まずドキッとさせられたのがこの一文です。

 

「一生やりたいこと見つけるぞ!」と意気込んでる方はいないでしょうか?

 

これは、まさしく私のことでした。

今から何かを始めるのであれば、生涯続けられそうなものを見つけて、それを一生の仕事にしよう!…と思っていました。

 

だけど、世の中は常に変化しています。それに伴って、社会の需要も変化しています。私が「一生できる仕事はこれだ!」と決めたとしても、数年後には需要がないかもしれません。

それならば、とにかくまずは「今、私がやりたいこと」をしよう!

それに熱中する中で、もしも他に興味が湧くことが出てきたら、その時は進行方向を変えればいいんだから!と思うようになりました。

 

 

そして、本にはこんな言葉もありました。

 

一度身につけたスキルや知識に依存して、人生の自由度を下げてしまう人もいます。

 

これもまさしく、私のことです。今持っている資格や知識を活かすことばかりを考えて、他の選択肢を全く考えていませんでした。自分で自分の可能性や行動範囲を狭めていたのです。

 

 

またこの本では、「本当にやりたいこと」を見つけるためには以下の順番で落とし込んでいくことが必要だと書かれています。

 

1.大事なこと(価値観)

2.得意なこと

3.好きなこと

 

よくある自己理解の本では、「好きなことと得意なことを組み合わせて仕事にしよう」などと書かれていますが、この本ではここに『価値観』が入ってるのが大きなポイントだと思います。

 

よくある自己理解の本に書かれているように「好き×得意」な仕事は飽きないだろうし楽しいかもしれません。でも、もし、その仕事が忙しすぎて家族との時間を十分に持てなくなったら…と思うと続けることは難しそうです。

私にとって家族と過ごす時間は何よりも大事なことです(←私の価値観)。「やりたいこと」を見つけるときはこの価値観も大切にしなければいけないことを学びました。

 

さらにこの本では、「大事なこと」「得意なこと」「好きなこと」を見つける方法、そしてそれらを組み合わせて「本当にやりたいこと」を見つける手順まで教えてくれています。

 

本に書かれている質問に答えるうちに、「あれ、私ってこんなこと思ってたんだ」とか「あっ、そういえば!」なんていうものがあって面白かったです。

 

そして、たくさんの選択肢の中から「私が本当にやりたいのはこれなのかも」と思えるものが見えてきました。

 

私が本当にやりたいこと

それを一言で言えば「読書の楽しさを広めること」です。

 

 その想いに至るまでの気持ちのアレコレや、本の良さを広めるためにしなければいけないと考えていることは具体的にあるのですが、これも一応貴重なアイデア(ネタ)の1つなので今は内緒にさせてください。

 

ただ1つ言えることは、私はこの本のおかげで「○○したい」という気持ちに気づけたし、「それを叶えるためにこのように行動していかなければ」と思えるようになりました。著者の八木仁平さんには本当に感謝しています。

 

私と同じく、「やりたいこと」を探しているみなさんにおすすめの1冊です。