ほんとのらいふ

おすすめの「本」や「本との生活」をご紹介しています。

【英語学習者必見】英語多読の方法と効果がわかる『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』

みなさんは「英語多読」という英語学習法を知っていますか?

多読とは、文字の通り英語を"多く読む"ことです。多読をすることで、物語などで楽しみながら語彙力を強化することができ、様々な英文にも慣れることができると言われています。

今回は、「英語多読」の原則や効果が書かれている1冊をご紹介します。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

私は英語学習者です。

英語スキルアップのために資格取得を目指していましたが、コロナ禍で試験を受けることが難しいこともあり、試験のために問題集を解くなどの勉強は少しお休みすることにしました。そこで、今やっているのが「英語多読」です。

 

「多読」を楽しむためには3つの原則があります。それがこちらです。

 

多読3原則

・辞書は捨てる

・分からないところは飛ばす

・自分に合わないと思ったら投げる

 

まず、「辞書を捨てる」とのことなので、多読中は辞書は使いません。

次に、「分からないところは飛ばす」なので、飛ばしてどんどん先に進みましょう。

最後に、「自分に合わないと思ったら投げる」面白いと思えない本は終了です。

 

 

この3つの原則に従って多読をすすめるために大切なのが"本選び"です。

洋書を数ページめくってみて「これなら読めそう」という本を選びます。とは言っても、膨大な量の洋書の中から「これなら読めそう」という本を見つけるのは至難の業のように感じます。

 

そこで、この本の出番です。

 

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

 

 

 

この本では、多読の手順やおすすめの本が紹介されています。

 

さらに、この本では、中学1年生春から英語多読を始めた人がその年に1000ページ超えの洋書を読めるようになったことが書かれていました。そのような中学生は他にもいるそうです。

 

それを読んだ私は「やっぱり若い子のほうが英語は習得しやすいんだなぁ」なんて思っていたのですが、高齢の方の多読効果の実例もあげられており、「それなら私もまだまだいけるはず!」…と、勇気をもらいました。

 

 

子どもや本当に英語初心者の方からでも「多読」を楽しめるように、この本には、多読3原則の詳細、多読におすすめの素材、多読についての疑問や悩みにも答えてくれています。

 

また、「読む」だけでなく、洋画の映像などを多く観る「多観」もすすめられており、多読多観で得た英語の知識や感覚を英語を「聴く」「書く」「話す」ことにも発展させるよう書かれていました。

 

"とにかく好きな本をとことん読みまくるのが長続きし効果もある"と書かれていて、今私がやっている英語多読という英語学習に対して「それでいいんだよ」と背中を押してもらえたような気がしました。

 

この本は、英語多読が気になる方、もしくは既に実践しているけどこれで合っているのか不安だという方におすすめの1冊です。

 

みなさんも、英語多読を楽しみませんか?